GISグループ

 

 

活動内容

 

GISグループではGIS(地理情報システム)を利用して環境データの整備やモデルの開発、水質シミュレーション予測などを行っています。

具体的な作業としては、琵琶湖へ流入する都市河川の市街地部において、分布型汚濁物流出モデルである SWMM(EPA Storm Water Management Model)を適用し、都市域ノンポイント負荷の流出シミュレーションを行ったり、GIS(地理情報システム)により開発した琵琶湖水質分布予測 システムを用いて、琵琶湖内での栄養塩、有機物の水質挙動特性を考慮した水質シミュレーション予測を行っています。また、琵琶湖だけではなく、景観に対する支払い意思額(WTP)とGISから予測した地理条件との関係を解析する研究や農業排水と下水道を接続したアンダーグラウンドマネジメントを行う研究、途上国関連の研究もしています。


SWMM

 雨水・汚濁負荷流出に関する下水道総合シミュレーションモデルであるSWMMを基本モデルとして、 琵琶湖集水域における都市下水道の雨水流出解析を行います。 現在は、解析対象地域を南湖集水域に設定し各雨水排水区における都市雨水流出解析を行って います。
 また、対象地域における土地利用状況にも着目し、土地利用の変化が都市雨水流出にどのような 影響を与えるかといった検討も行っています。今後はSWMMでの解析対象を琵琶湖集水域全体に広げ、都市域からの雨水流出を考慮した負荷量算定 が行える汚濁物流出管理支援システムの構築を目指しています。


琵琶湖湖内

GISに流入負荷算定モデル、湖内水質予測モデルを組み込み、琵琶湖水質分布予測システム の開発を行っています。
現在は、湖内の植物プランクトンの活動による内部生産や気温変動による水温躍層等を考慮した 湖内水質分布予測システムの開発を目指した研究を行っています。
また、琵琶湖内の鉛直分布を予測するシステムの開発も今後検討していく予定です。

 


過去の研究事例

2016年度 汚濁物流出解析のための流域フレーム算定システムに関する研究―Pythonを用いた汎用システムの開発と京都府における事例解析―

2016年度 野洲川流域における汚濁負荷量を考慮した浸水リスク評価

2016年度 大規模雨水幹線を用いた汚濁物流出の抑制効果に関するシナリオ解析‐いろは呑流トンネルを対象とした事例評価‐

2015年度 羽束師川雨水幹線流域における雨水管と雨水貯留施設のネットワーク化に関する研究

2014年度ラオス国ヴィエンチャン市の都市排水路を対象としたSWMMによる雨天時シミュレーション解析及び現地調査による公衆衛生の検討

2014年度 滋賀県大津市の景観に対する住民意識と建物高さの関係に関する研究

・流入負荷特性を考慮した琵琶湖水質予測システムの構築に関する研究
・都市域ノンポイント負荷の流出特性と琵琶湖南湖への水質インパクトに関する研究 ~分布型汚濁物流出モデルとスプライン補間モデルを用いた検討